群馬県教職員組合とは


1.群馬県教職員組合とは

創立は1946年(昭和21年)です。前橋市大手町の群馬県教育会館4階に本部事務所があり、県内各地に総支部をおいています。  上部団体は、日本教職員組合(JTU)で、労働団体としては「連合」(日本労働組合総連合会)に加盟しています。  群馬県関係では「群馬県職員組合連合会」(県職連:4組合)の一員として、群馬県および県教育委員会当局との交渉を行い、教育条件や労働条件の改善に努力しています

 

2.加入資格

原則として、県内の公立学校に勤務する教職員に加入資格があります。採用形態(正規・臨時の違い)は、問いません。加入・脱退は自由で、年度の途中もOK です。

 

3.組合費の額

下の表は、抜粋です。教員は、22歳・4000円でスタートし、年齢が1歳増えるごとに100円アップし、52歳・7000円で上限になります。 事務・栄養職員は、教員の額から300円減じた額です。詳しくはお問い合わせください。

※臨時の人の組合費は、年齢・職種などに関わりなく、月額1000円です。

 

kumiaihi2011

 

4.組合費の使途

下記は、組合費の主な使途です。1年間の予算は、一般会計(平常の組合業務に関する会計)で、1億2千4百万円ほどです。

(1) 個々の活動に直接必要な費用(参加者の旅費、会場費、講師の費用、印刷代など)
(2) 専従スタッフ(役員・書記)のための費用(給与・諸手当など)
(3) 事務所の維持費用(家賃、光熱費、電話代、コピー機・パソコンのリース代など)
(4) 全国の教職員や地域の人と共に活動する費用(日教組や連合群馬の負担金など)

 

5.主な活動

(1) 教育条件・労働条件改善のとりくみ(30人以下学級の推進、多忙化の解消など)
(2) 学習会開催などのとりくみ(教育研究集会や各種の学習会、平和学習ツアーなど)
(3) レクレーションなどのとりくみ(尾瀬ハイク、観劇ツアー、スポーツ観戦ツアーなど)

 

6.親身な仲間ができます

(1) 親身な仲間ができ、悩みを解決できます。本部・支部に気軽に相談できます。
(2) 学習会などに旅費付で参加でき、教職員としての力がつきます(行き先は全国各地)。
(3) 県教組主催の各種ツアーやレクレーションに、格安で参加できます。
(4) 希望の人事の実現に、みんなで努力します。

 

・・・・・等々。

このエントリーをはてなブックマークに追加